博物館展示論

 どうも。こんばんは。
 分布調査以来、一週間ぶりの投稿ですね。
 今日は月曜日やから考古学実習、と言いたいところなんですが、博物館展示論の授業が一日ありましたのでそちらへ出ていました。考古の2年は、県の埋蔵文化財センターに行っていましたよ。申し訳ないことに、今回、写真はありません007.gif
 博物館展示論の授業のあと、一時間ほど時間が余りましたので、火おこし体験をさせて頂けました。種火をつけるのに苦戦しながらも、みんな無我夢中でやっていましたよ。縄文人をはじめ、こうやって火をつけていた人々は、一度つけた種火を消さずに保管し続けることで、種火をつける手間を省いていたそうです。この伝統はいろり火を何ヶ月も、何年も保ったりすることにおいて、現代にもいきているということです005.gif
 栓をひねれば火がついたり、IHのように火を使わないで加熱することができる現代の文明は本当に便利なもんです。手を上下に、前後に動かして、摩擦熱で火をつけていた昔の人々に感心していました。
 火は鍋を熱するばかりでなく、暗い夜道を照らす灯りにもなります。何か壁にぶちあたった時、その先へ進むための道を灯せる心の種火を持ち続けましょうね!
058.gif

byおっくん
[PR]

by tomidaikouko | 2013-10-21 18:28 | 研究室の日々 | Comments(1)

Commented by tomidaikouko at 2013-10-23 15:44
最後おっくんがすごくいいこと言ってる…(^ω^)
今週掃除できなかった分、暇な時にでもお願いしますね♫byばやしこ