地図づくり最終回

 こんばんは。この週末はセンター試験があったようですね。思い返してみれば、センター試験を受けてから早2年が経ちました。図書館の新聞で今年のセンター試験の問題を見てみて、”あの頃の知識はいったいどこへいってしまったんだろう!?”と思いながら目の前の設問を考え込む一方で、解ける設問があると”ヤッホー!!”と心の中で叫んでいました001.gif
 さてさて、先週の実習から中3日で、また今日も実習です。今日は分調の地図づくり最終回でした。地図にメッシュを鉛筆で書き込んだり、色塗りをしたりと、みんなそれぞれいろんな作業をしてました。
c0152274_17111840.jpg


c0152274_17113311.jpg


 ところで、唐突ですが、人はなぜ地図をつくるのでしょうか・・・?剣岳の映画である登場人物がこう言ってました。「地図は、国家のためではなく、その地に暮らす人々に必要とされているのではないでしょうか。それは自分が何者であるかを知ることにつながるからです。」(確か、こんな感じのセリフだったはず・・・。)非常に心に残っているセリフでしたので、ここで書いてみたかったんです。これもなぜ地図を作るのかの答えの一つだと思います。みなさんはどう思うでしょうか・・・。026.gif
 このセリフを歴史という分野で置き換えてみると、”なぜ人は歴史を知ろうとするのか、それは自分が何者であるかを知ることにつながるから。”つまりは、自分が今、どんな時代に生きていて、何がその時代を作り上げてきたのかを知りたいと思うからなのかなあ・・・。考古学を学びながら、つくづくそのようなことを考えてしまいます。みなさんはなぜ人は歴史を知ろうとするのだと思いますか?026.gif

 ともあれ、来週からは土器の実測練習です!気合入れていきましょう017.gif

byおっくん
[PR]

by tomidaikouko | 2014-01-20 17:26 | 研究室の日々 | Comments(0)