卒業式&卒コン

 3月も下旬にさしかかり、春の訪れを・・・、感じませんね・・・。まだまだ寒いです。でも、卒業・修了される先輩方の輝かしい春は感じましたよ。
 みぞれのような雨が降りしきる中、21日、富山大学の卒業式が行われました。
c0152274_1142571.jpg


c0152274_115797.jpg


c0152274_1152212.jpg

卒業される先輩方、本当におめでとうございます。修了されたMYSさんも、本当におめでとうございます。そして、朝早くから活動されていた行事係さん、本当にお疲れ様でした。

 卒業式の後、夜には研究室にて卒コンが行われました。
c0152274_1182329.jpg

 準備めっちゃ頑張ってましたよ。
c0152274_1154476.jpg


c0152274_116229.jpg

(before)

c0152274_116343.jpg

(after)

 後輩からのメッセージもあれば、

 卒業・修了される先輩方からのお言葉もあり、

 プレゼントもあり、
c0152274_1171970.jpg

 考古学研究室、やっぱいいですね!

 ちょっと事件があり、疲れてあんまり書けないんですが、最後に卒業・修了される先輩方へ僕なりにメッセージを。

 「もう少しで春ですね。日本には四季があります。春夏秋冬。その中でも春という季節は特別ですね。春には別れもあれば出会いもあります。悲しみや喜び、不安や楽しみ、いろんな情を感じさせてくれるのが日本の春です。言ってみれば人間が一番人間らしく生きられる季節なんでしょうね。
 先輩方との思い出は本当にいっぱいあります。僕のようなまだまだ未熟なちっちゃな器には収まりきらない程の沢山の思い出があります。研究室で一緒にご飯を食べたり、勉強したり、杉谷で発掘したり・・・。その度に先輩方の器の大きさ、美しさを実感していました。
 先輩方がこれからどんな未来へと歩みを進められるのか僕にはわかりません。でも最後に思ったことを一つお伝えしておきます。
 双六でふりだしにもどるとかいうマスにたどり着いてしまったら、最悪ですよね・・・。でも人生は違います。何かつまづいたときに、原点に返ることはとても大切だと思います。原点に返れば、自分の進むべき道、未来が見えます。未来を作り出すのは今という時間ですが、未来という名の希望は今を支えてくれます。原点が教えてくれる自分の未来はそのまま勇気となり、自信となります。先輩方も何かつまづいたとき、壁にぶちあたった時には原点に返ってみてください。僕たち後輩も先輩方のこれからを応援しつづけてますんで。
 長くなりましたが、ご卒業・修了、本当におめでとうございます。」

byおっくん
[おまけ]
c0152274_119796.jpg

[PR]

by tomidaikouko | 2014-03-22 11:12 | 研究室の日々 | Comments(0)