研究室旅行~福井県にて~1日目

今年の研究室旅行では、7月18日から20日にかけて
福井県へ行ってきました。
その模様をお伝えします。

1日目はTDが担当します。

6時15分に研究室に集合し、バスは6時半すぎに大学を出発しました。

バス内では、パンフレット作りで蓄積された睡眠不足から眠ってしまう人、
朝食をとったり、パンフを読み進めたりする人もいました。

福井県に着いて最初に訪れたのは県立若狭歴史博物館です。
早速おみやげを買う人がちらほら。
平成に入ってから福井県に漂着したという迦楼羅像に、
個人的にはいちばん心惹かれました。

つづいて、若狭国分寺跡に向かいます。

せんちゃんが発表します。
c0152274_19334927.jpg

塔跡から、中門跡、金堂跡(現国分寺の御堂と同じ場所)へと実際に移動して、
伽藍配置を見てまわることができました。
塔心礎にカエルが乗っていたので、撮影会が始まります。

道の駅若狭おばまへ移動して、昼食をとりました。
c0152274_1936398.jpg

鯖カレーおいしかったらしいです。

午後からは、日笠古墳群に属する3基の古墳と、十善の森古墳、上ノ塚古墳を訪れます。
古墳時代のSMZ君が5回も発表し、大活躍でした。
「登ってみてはじめて古墳の大きさが十分にわかる」ということで、
TGYM先生とTKHS先生の先導の下、いくつかの古墳に登りました。

c0152274_19401638.jpg

白鬚神社古墳にて、謎のブツを表採する2年男性陣。

c0152274_2082017.jpg

下船塚古墳は、後円部がくぼんでいますが、
盗掘されたのか?それとも棺が腐って崩れ落ちた跡なのか?
など、会話が弾みました。

交通マナーを気にしつつ、上船塚古墳へ向かいます。
c0152274_1942418.jpg

c0152274_1953127.jpg


日笠古墳群に別れを告げ、
またしばらく移動していたら、バスの窓越しに不意に十善の森古墳が現れました。
c0152274_19574921.jpg


上ノ塚古墳に向かう前に、若狭町歴史文化館を訪れます。
1時間半かけてじっくり見学しました。
ちょうど見てきたばかりの十善の森古墳や白鬚古墳の
出土品が展示されていました。
埴輪、甲冑、装身具などについての解説をうけます。
c0152274_19433886.jpg


1日目最後の見学地は、上ノ塚古墳です。
日が傾いてきて、西日があつかったです。
c0152274_19445661.jpg

ここではバターナイフを見かけました。

さて、おまちかね、宿に到着です。
食事や飲み会が待っています。が、早く寝て明日に備えましょうね!

byTD
[PR]

by tomidaikouko | 2015-07-18 18:55 | 研究室の日々 | Comments(0)