研究室旅行in埼玉 1日目

お久しぶりです。せんです。
ここ最近、演習が忙しかった(みんな忙しかったのですが…)のと、めんどくさかった
ということがあって、更新をがーもちゃんに任せきりにしておりました…がーもちゃんスマン007.gif


さて、謝罪が済んだところで、研究室旅行の話を書いていきたいと思います。
今年は埼玉に行ってきました!
当初は、
\さいたま!/\古墳!/\鉄剣!/\ださいたま!/\貝塚! /\のぼうの城!/
といった感じで、埼玉についての知識なんて皆無に等しかったのですが、
地獄の演習遺跡紹介パンフレット作成のおかげで、基礎知識をつけてから
出発することができました。
(みんな当日までにパンフレット完成できてよかったね058.gif)



私たち三年生は、旅行準備やパンフ作成の手伝いをしていたので、全員が徹夜状態での参加でした。
眠気と闘いながらも、6時に学校を出発します。
さあ行くぞ!埼玉へ!!!!

まあ、案の定というか毎年恒例といいますか、旅行前日まで2・3年生は連続で徹夜していたり、無茶していたりする輩が多いので、車内は寝静まっていました。
一方、せんは小学生並のテンションの持ち主だったので、興奮して疲れているのに寝られませんでした(笑)
(後々、落ち着いてから爆睡していました)

埼玉に到着し、まずはじめに寄ったのが「中宿遺跡」です。
ここは、道の駅おかべに隣接しているので、お昼休憩も兼ねました。
ここの「ねぎお好み焼き」がめちゃうまでした。さすが深谷市。
c0152274_2210719.jpg



話を戻して、「中宿遺跡」では古代正倉が2棟、復元されていました。
板倉造りと校倉作造りの正倉です。
中宿遺跡は、古代榛澤郡の正倉院跡で掘立柱建物から礎石建物へと変遷する過程が見られる遺跡だそうです。
c0152274_22131161.jpg

めちゃくちゃカッコいい。復元すごい。(語彙力欠如)

ここでは古代担当のTZ君が発表しました。
c0152274_2218736.jpg

この写真から正倉の大きさを感じることが出来るのではないでしょうか。おおきいです。
c0152274_22405717.jpg

先輩のキメ顔いただきました!(笑)
あと、近くに咲いていたハスも大きかったです。
c0152274_2223438.jpg


次は埼玉のメイン!というかラスボス級の遺跡である「さきたま古墳群」です。初日にして見学に行っちゃいます056.gif
ここでは丸墓山古墳の上で、古墳担当のえっちゃんが発表しました。
c0152274_22324695.jpg

c0152274_2233157.jpg

この階段…ラスボス感あるわ……。という感じで徹夜明けの体を引きずりながら、がーもちゃんと階段の数を数えながら登りました。たしか90段くらい?ありました。
本古墳群では、超有名な「ワカタケル大王」と書かれた金錯銘鉄剣が出土した、前方後円墳の「稲荷山古墳」・日本一大きな円墳である「丸墓山古墳」など、様々な古墳の形が見られる、いわば古墳のデパートのような遺跡群です。

展示施設では、学芸員さんに収蔵庫を見せて頂いたり、国宝の鉄剣を見たりしました!
収蔵庫は、土器や埴輪がズラリと並んでいて、埼玉の土器や埴輪って赤みがかったものが多いな~と感じました。
(たしか、鉄分を多く含む土なので、酸化焼成すると赤くなるらしいです。)

鉄剣は、金文字が思っていたよりぴかぴかで感動しました!
c0152274_2104546.jpg

(鉄剣は離れて写真を撮る分にはOKらしいです)

まだまだゆっくり見学していたかったのですが、時間になったので忍城へと向かいます。
忍城では、中・近世担当のじゃわちゃんが発表しました。
c0152274_21235152.jpg

忍城は、1478年(文明十年)に成田顕泰によって築城されました。「守りやすく攻めにくい」難攻不落の名城だったとされ、石田三成による水攻めにも耐えたことから「忍の浮城」と呼ばれ、恐れられたと伝えられています。
忍城といえば、やはり「のぼうの城」を連想しますね~!
実は、さきたま古墳群で石田堤を見てから忍城に来たので、戦いの雰囲気がすこーしだけですが感じることが出来ました001.gif

c0152274_21245819.jpg

瓦の黒と壁の白が映えてかっこいいですね~!
この写真の御三階櫓の周りには、松や竹が生えていて、外国人が好きそうな風景だな~と思いながら見学していました。

一日目の行程は以上です。この後はホテルに宿泊し、小宴会をしました。
c0152274_21562095.jpg

c0152274_21563421.jpg

小宴会では、せんが早々につぶれてしまったため詳細は省きます( ˘ω˘ )
みんながうっぴーをし始めたところまでは覚えています…(あとは記憶がないです)

最後に、ホテルで出た魚料理についてですが、
海なし県だから富山県民の舌を満足できる魚料理なんて出ないでしょ(笑)と思っていた頃が私にもありました。


魚料理、おいしかったです。

Byせん

2日目・3日目は追々アップしていきます!
[PR]

by tomidaikouko | 2016-07-21 22:08 | 研究室の日々 | Comments(0)