旅行 in 愛知(2016.11.19~20)

今回は愛知へ旅行に行ってきました!旅のハイライトをおーかみがお伝えします。

11月19日午前4時、考古学研究室にSTU先輩、SND先輩、AIB君、TZ君、おーかみの5人が集合し、旅が始まりました。
安定感抜群のSTU先輩とスリリングな運転が特徴のSND先輩に車を運転してもらい無事愛知県へ突入。

そこからまずは大量の人骨や抜歯出自表示理論で有名な吉胡貝塚へ行きました。資料館ではヨシさんの埋葬状況を見て少し悲しくなったり、自分の縄文人顔パーセントを測ったりしました。ちなみにおーかみは76%でした。

c0152274_2255162.gif

↑吉胡貝塚に到着してはしゃぐ4人

c0152274_2313393.gif

↑いつも一緒のTZ君とAIB君(と、ハブられるおーかみ015.gif


次に三河国分寺、国分尼寺へ行きました。国分寺の方は整備はまだまだでしたが、国分尼寺はとってもきれいでしたね!というか広すぎ!古代のロマンに思いをはせてきました。
下はズボンを上げ終ってうれしそうなTZ君と国分尼寺の解説板を見て興奮するSND先輩です。
c0152274_2392351.gif

c0152274_23122434.gif



19日の最後はN大学考古学研究室へお邪魔しました。
そこではN大学考古学研究室の皆さんに展示室や収蔵庫、発掘調査の現場を案内していただきました。K先生の雄弁な解説に聞き入り、そして収蔵庫最長滞在時間を更新してきました。非常に刺激的でした!005.gif
夜には富大考古学研究室とN大学考古学研究室の懇親会に参加させていただきました。とても楽しい雰囲気の中、参考になるお話をたくさん聞かせてもらいました。AIB君はK先生にいじってもらって嬉しそうでしたね。N大学考古学研究室の皆さんとK先生のおかげで貴重な体験をすることができました。本当にありがとうございました!これからもN大学の皆さんとは交流を持てたらいいなと思います。富山へ来た際にはぜひ富山大学考古学研究室へお越しください!
写真はN大学での記念の1枚です。
c0152274_2241674.gif



その日の宿はゲストハウスでした。酒が回ったSND先輩は早々に寝てしまいました。男4人は味噌汁を飲みながらベンチで「不毛」な会話を繰り広げましたが、これも良き思い出です。023.gif


翌日20日は朝食を、SND先輩一押しのカフェでいただきました。さすがSND先輩!超おしゃれなカフェでした。しかもコスパもよかった!元気もりもり、いざ名古屋市立博物館へ。


名古屋市立博物館は見どころたくさんでした。予定時間を大幅に過ぎてしまいましたが、それでもまだまだ見足りないくらいでした!富大5人衆は各々興味ある分野へ散らばって行きました。おーかみは、抜歯に興味があったのでずっと抜歯人骨を眺めていました。学芸員の方から非常に勉強になるお話を聞くことができ、また資料もいただくことができたので大変満足でした。TZ君もお目当ての本を手に入れることができたみたいでうれしそうでした。
左からTZ征夷大将軍、おーかみ関白、SND右近衛大将です。
c0152274_22571662.gif



次は朝日遺跡へ行ってきました。ここは巨大弥生集落であったらしく、その規模は吉野ケ里遺跡に匹敵するそうです。朝日遺跡からは芸術的なパレス式土器が出土しており、実物を見ることができたSTU先輩とAIB君は、とてもはしゃいでいましたね056.gif
c0152274_23524068.gif

↑朝日遺跡内にある貝殻山貝塚


旅行の最後は清須城に行きました。
c0152274_011918.gif

さすが信長出世の城というだけあってとってもきれいでした!お城の中で流れる映像もクオリティーが高い!そして庭がきれい!旅の最後にふさわしい場所でしたね。天守閣からは周りの景色を一望できました。また触ることのできるしゃちほこや、太鼓もありました。小学生に交じって太鼓で遊ぶAIB君を見たときは悲しくなりました。

c0152274_23542599.gif

↑清須城と背比べするSTU先輩。いくらSTU先輩でもさすがに敵いませんよ...

c0152274_23575624.gif

↑もはや交際疑惑のあるAIB君とTZ君。


清須城をたっぷり堪能し、富山への帰路に。やっぱり富山は落ち着くなあ042.gif
夕食はみんなでインド人が経営する本格インドカレー屋へ行きました。旅の思い出を語りながら食べる激辛インドカレーは格別でしたね。吉胡貝塚のヨシさんの埋葬を思い出して一人涙するおーかみでした。
                                       [おしまい]
[PR]

by tomidaikouko | 2016-11-21 00:24 | 研究室の日々 | Comments(0)