カテゴリ:考古学雑記( 136 )

2年生歓迎会

再びがーもです。

2年生の実習中の3年生はというと・・・

夜の新歓のご飯作りをやっていました!

みんなで何を作っていたかというと
c0152274_1553492.jpg

ギョーザに、
c0152274_1554669.jpg

炊き込みご飯に、
c0152274_15542237.jpg

これはクラッカーにつけて食べるソース(ですね。)
それからポテトサラダです003.gif

おいしそうですね!


c0152274_1559435.jpg

2年生7人が新たに加わった考古学研究室
人がたくさんいて、とてもにぎやかな会になりました。

c0152274_1611573.jpg


c0152274_1613990.jpg

みんなで質問をしながら自己紹介。
考古ならではの質問も飛び交いました(笑)
お互い名前を覚えられました(よね?)


3,4年生も2年生とたくさんしゃべって、親睦を深められたのではないでしょうか。

これからよろしくお願いします001.gif

byがーも
[PR]

by tomidaikouko | 2016-04-26 16:11 | 考古学雑記 | Comments(0)

自主勉強会5

今回はせんちゃんが発表してくれました。

今回のテーマは「北陸の古墳時代」です。
c0152274_15152482.jpg



c0152274_15201148.jpg

発表しているせんちゃん

内容は、1月23日に開催された第3回富山・石川の考古学合同例会で行われた、富山県氷見市の柳田布尾山古墳と石川県能美市の能美古墳群の調査報告と研究成果についてです。

柳田布尾山古墳は古墳時代前期の古墳で、日本海側最大の前方後円墳として平成13年には史跡指定されています。
この古墳の発掘をきっかけに、氷見地域では多くの古墳が発掘されるようになりました。


これまでの発掘調査から、富山県の古墳の特徴として、古墳時代中期以降前方後円墳が減少し、大型円墳が盛行、再び前方後円墳が出現することが分かってきました。
また、富山県の中でもこれまで古墳の存在が知られていなかった地域では、埋没古墳の発見が報告されてきているそうです。


石川県の能美古墳群は、寺井山古墳群、和田山古墳群、末寺山古墳群、秋常山古墳群、西山古墳群の総称です。

一つの地域で古墳の基本形がそろっていることから、この地域での古墳の変化が時代をおって研究できる貴重な遺跡です

しかし、62基のうち18基が消滅しており、古墳の調査・保存の面からも注目されている古墳です。また、歴史学習のための利用や、観光資源としての利用など、その取り組みが今後の課題となっているそうです。

和田山古墳群の5号墳の調査では、武器・農具を含む夥しい数の鉄製品が出土しており、1,2号墳からは北陸では唯一の六鈴鏡と鈴付銅釧が出土しています。


発表の後はみんなからいろんな質問があり、充実した発表会でした017.gif


自主勉強会は春休み中しばらくお休みの予定です。
春休みの間に講演会や博物館に足を運んで、勉強会に活かしていきたいですね001.gif
byがーも
[PR]

by tomidaikouko | 2016-02-05 16:12 | 考古学雑記 | Comments(0)

自主勉強会4

今日は4回目の自主勉強会が行われました。
c0152274_16522835.jpg


発表者はニロ君とSMZ君です。
ニロ君は『円と考古学』というテーマで古代人のに対する考え方についての発表でした。
c0152274_16525885.jpg


古代の人々が造った建造物や墓、また土器の文様などにみられる円の表現。
太陽の運行との関係が指摘されるストーンヘンジや古墳時代の墓を例に挙げながら、円の表現から古代人の生死観についての考察が語られました。

日本の古墳にもみられる渦巻文や同心円が、世界中の遺跡や遺物にも描かれているというのは、とても不思議な感じがしました。

これらが同時多発的に各地で生まれたのか、またはどこかから伝わってきた考え方なのか?
円というシンプルな図形にこめられた、古代人の思いは大きかったようです。



次はSMZ君
c0152274_174262.jpg

『日本考古学史』というテーマで、西洋の考古学が日本に伝わる前の江戸時代に行われた、考古学的調査や研究についての発表でした。

日本で初めて学術的な発掘調査を行ったのは徳川光圀(!)だそうです。
また田村三省は『会津石譜』の中で石器の相対年代について言及していたとのこと。(もちろん西洋の考古学につては知りません)
しかし、明治時代に本格的に西洋の考古学の考え方が広まると、これらので独自の展開を見せた考古学は廃れてしまいました。

日本でもこのように考古学という学問が芽生えていたということは興味深いです!
中国や韓国といった周辺諸国と日本考古学の関係についても考えてみたいと思いました。


次回は再来週の水曜日に行う予定です。
更新をお楽しみに!


最後に重要なおしらせです
富山大学考古学研究室OBの関根章義さん
第5回「角田文衞古代学奨励賞」受賞されました。
おめでとうございます。


byがーも
[PR]

by tomidaikouko | 2016-01-20 17:56 | 考古学雑記 | Comments(0)

自主勉強会#3

更新が遅れてしまいました。すみません008.gif
昨日のことですが、第3回自主勉強会がありました。

今回はがーもちゃん担当で、「縄文時代の漆」の発表です。
c0152274_20295494.jpg


漆器が英語で「japan」と言われるように日本を代表する漆は、縄文時代まで起源をさかのぼることができるそうです。
漆が採れる「ウルシノキ」ですが、縄文人は木材、食料、接着剤、蝋といった様々な用途に使用しました。
漆の採取方法として縄文人は「養生掻き」という数年間に渡り採取する方法を用いていたそうです。
採取したままの漆を「生漆」といい、それを容器に擦り付けるように撹拌したものを「ナヤシ」ナヤシの過程で加熱したものが「クロメ」といいます。縄文時代に特徴的なのは「焼き付け」といった、漆を塗布した後に加熱し、より強度を上げた技法が用いられていることです。

漆製品が出土したことで有名な遺跡に、福井県「鳥浜貝塚」、北海道「垣ノ島B遺跡」が挙げられます。前者は日本最古(草創期)の「ウルシノキ」が、後者は日本最古(早期)の「漆製品」が出土したそうです。

漆にはまだまだ謎があり、日本に自生しない「ウルシノキ」がどこからもたらされたのか、なぜ日本海側の遺跡に集中して漆製品が出土するのか、はっきりとした答えは出ていないそうです。

「うるわし」が語源の漆は、その名の通り瑞々しい艶やかさを持っていますよね016.gif
しかも漆製品は使えば使うほど色合いに深みが出てきます。
昔の人々も漆の耐久性ばかりでなく、その色合いも楽しんだのでしょうか…?

この漆の話は数回に分けて発表するそうです。
がーもちゃんの発表、要チェックですね!楽しみ~058.gif

Byせん
[PR]

by tomidaikouko | 2016-01-14 21:27 | 考古学雑記 | Comments(0)

自主勉強会#2


        あけましておめでとうございます!

今年も考古学研究室ブログをよろしくおねがいします。


さて、今日は本年初の自主勉強会を行いました。
順調に2回目の開催です。

今回の発表者はせんちゃんです!
c0152274_15252310.jpg


今回のテーマは「日本神話と考古学」
c0152274_1526492.jpg


日本神話の原点についての発表でした。

例えば、日本神話のなかで武器(鉄器)に霊的な力が宿るという話には、弥生時代に外国から鉄器が伝えられたという事実が反映されているのではないか・・・など、神話に隠れている歴史的事実から、その原点を弥生時代に見いだせるのではないかという発表でした。

私はあまり日本神話を知らなかったのでとても勉強になりました!


発表の後はみんなで質問したり、他の時代についても考える機会となりました。
来週も(私の資料ができていれば・・・)開催する予定です(^^)

更新をお楽しみに!

追記
補足します。
縄文時代で「神」とは身近にいるものに宿る存在でしたが、
弥生時代では、農耕と結びつき「まれびと神」のような遠い場所から海を渡ってやって来る存在であるという意識の変化が見られました。
そのため、神様と同じく遠方からもたらされた金属器や貝製品は、当時の人々からみると神秘的な力を感じ、
時代が下って神話がつくられると、神様としてそれらが登場するのではないか。という発表をさせてもらいました。神話たのしいです(^O^)
参考文献は有精堂出版の『日本神話と考古学』講座日本の神話12です。byせん


byがーも
[PR]

by tomidaikouko | 2016-01-06 16:12 | 考古学雑記 | Comments(0)

2年自主勉強会!

突然ですが、今日は自主勉強会がありました。
この勉強会は、自身が今、気になっていること、勉強していることなど(考古学問わず)を取り上げて、
一人20分程度の短い発表をしよう!というコンセプトから始まりました。
c0152274_17282968.jpg

ゆるーい感じの非公式な勉強会です001.gif
ですが、発表内容はちゃんとしたものにするつもりですよ!

最初は言いだしっぺのSTU君が手本を兼ねて発表しました。
c0152274_1730549.jpg

STU君は山形県の押出遺跡富山県の小竹貝塚福井県の鳥浜貝塚についての合同シンポジウムに参加してきたそうなので、そのシンポジウムで見聞した内容について発表していました。

大まかに説明すると、上記の3遺跡は河川に隣接し、湿地帯に存在します。住居域、水場域(作業場)が分離しているという特徴を持っており、遺跡内の空間を区別して生活していたそうです。また、どの遺跡からも漆製品が出土しており、漆製品を加工・生産していたことが分かっています。押出鳥浜の中間地点にある小竹は、東北地方の特色を持つ「大木4式土器」や関西地方の特色をもつ「北白川下層式土器」など様々な土器が出土していることから、関西、関東、東北の文化の影響が見られるそうです。

と、こんな感じの発表を不定期に行います。みんなが今どんなことに興味をもっていて、何を学んでいるかが分かるのでいい機会だと思います。
そしてこの勉強会で分かりやすい資料の作り方、発表方法が身につくといいですね016.gif
やはり知識は持っていても相手に伝えることが出来なければ意味がないですもんね!

せんは「日本神話」に興味があり、ちまちま関連する本を読んでいるので神話関係の発表がしたいです017.gif
多分みんな日本神話に興味が無さそうなので、私の発表で少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。
がんばろ~!

この勉強会は2年生が主導で行う予定ですが、興味のある方は日時をブログでお知らせするので、参加してみてください。
次回はお正月休み明けを計画しています。詳細はまた後にお知らせします。

Byせん
[PR]

by tomidaikouko | 2015-12-24 21:26 | 考古学雑記 | Comments(0)

考古学総会に行ってきました。

先日の1月28日(土)に富山市民プラザで富山考古学会総会に2年女子が参加してきました。

初めての参加でしたので、ドキドキしました。016.gif
会長をご退任された小島氏の、面白くて興味深いお話が聞くことができて貴重な体験になりました。

其の後は
 1 立山信仰遺跡(古代~近世)
 2 高岡市出来田南遺跡(古代)
 3 富山市二本榎古墳(古墳時代)
 4 高岡市高岡城跡跡(近世)
の発掘調査の報告をききました。
特に、1の発掘ではSUNさんとKNTMさんが調査に参加していたので、報告のスライドのなかに写真がうつっていてちょっぴり恥ずかしかったです・・012.gif

この日は雪が降っていて寒い日でしたが、一日を有意義に過ごせたのではないかと思います。

by NECO
[PR]

by tomidaikouko | 2012-01-30 17:53 | 考古学雑記 | Comments(2)

黒崎先生最終講義・退職記念パーティ&卒論・修論発表会・追いコンについて

 黒崎先生最終講義・退職記念パーティ&卒論・修論発表会・追いコンについてお知らせです。
 案内状を送らせていただきましたが、いくつか不備がありましたのでこの場で連絡させて下さい。

 まず、振り込む口座がどこの銀行か分からないとのご指摘もいただきました。口座は郵便振替口座になりますのでよろしくお願いします。
 また、記念品代の金額が分からないとのご指摘をいただきました。 このホームページに案内状と同じ内容をアップしましたので、お手数ですがそちらをご覧下さい。

こちらの不手際でご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした。
 なお、出欠の返信は2月21日必着です。よろしくお願いします。

byいまっち
[PR]

by tomidaikouko | 2011-02-15 15:25 | 考古学雑記 | Comments(0)

スープ

先週は本当に少しですが、雪がちらつくほどでしたね。
水曜日には雪の予報。
こんな寒い日には、やっぱり体が温まるスープが欲しくなりますね。
4年生も、差し入れで頂いたスープで栄養と暖をとって頑張っています。

スープといえば、
なんと中国、西安市郊外の戦国時代(紀元前403~前221年)の陵墓からスープが発見されましたね!
陵墓の中に収められていた鼎の中には、鳥の骨が10本以上と緑色の液体が!
2400年前のスープも鶏がらでダシをとっていたのでしょうか。
この鼎と一緒に、青銅製の壺も見つかっていて、こちらにはどうやらお酒が。
2400年も前の液体が見つかるなんて、驚きです。

コレを分析すれば、当時の王族が食べていたスープの味や、お酒の味が分かるのでしょうか?
当時の中国人は、どんな味がお好みだったのでしょうね。
現代人が食べても、美味しいものなのか、味覚はあまり変わらないのか?興味深いです。

ニュースの記事はこちら↓
YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101213-OYT1T00653.htm)

AFPBB News(http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2779226/6582074?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=photo_topics)

by JASS
[PR]

by tomidaikouko | 2010-12-13 19:21 | 考古学雑記 | Comments(4)

分布調査!

今日は、2週間延期されていた分布調査を行いました!
もう11月の半ばということで、寒さ対策をしつつ臨んだのですが、歩いているうちに寒さも吹っ飛んでいきました。

今回の調査地区は熊さん035.gifが何度か出没した場所も含まれているらしく、皆・熊避けの鈴とまさかのヘルメット着用!!

そして、調査開始!
遺物はどのくらい見つけられるのでしょう?

c0152274_20151579.jpg



歩いた場所と次に向かう場所の確認しながら、
効率良く回るコースを模索中のUMAさん058.gif


c0152274_20142047.jpg


1日がかりで調査した結果は?!


・・残念ながら、遺物はほとんど発見できず。。。007.gif

来年の調査では、遺物をたくさん見つけられるといいですね☆
今日は、本当にお疲れ様でした!! 明日は皆さん、ゆっくり休んでください♪







ちなみに、、、オマケです034.gif




今日のお昼ごはん071.gif


c0152274_20453471.jpg



とてもおいしかったです041.gif



byクゥ
[PR]

by tomidaikouko | 2010-11-13 20:55 | 考古学雑記 | Comments(0)