<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第6回 勉強会

2010年度 第6回勉強会。
今回の発表者はKKRとUMA。

司会はガンちゃん。
c0152274_21525047.jpg

まずはKKR。今回は卒論に関係した論文の書評。
書評論文は
菱田哲郎1992「須恵器生産の拡散と工人の動向」『考古学研究』№39-3
c0152274_21525676.jpg

古墳時代の地方の須恵器窯出土の遺物を検討し、工人の移動モデルをとらえる論文。
KKRが卒論で対象とする須恵器窯は古代のものだけれど、十分応用できる内容。
技術を持った中央の工人が地方に赴く、というのが想定しがちなモデルだけれど、地方の工人が中央に赴いて生産に従事し、技術を持ち帰るという移動モデルも考えられるのですね。

続いてUMA。今回は城下町について。
城下町の成り立ちや、類型、時代ごとの変化などについて。
城下町も時代の情勢とともに、そのときの軍事的な背景や身分秩序を反映した造りになっているのですね。
c0152274_2153236.jpg

MOMOちゃんからは図版についての指摘など、流石、中近世の先輩、といったカンジ。
次々にだされる指摘や質問にタジタジだったUMA。
くじけず頑張って!!


勉強会で発表すると、いろいろ厳しい指摘や、上手く答えられない質問も飛び出します。
でもだからこそ、自分ひとりでは気づけない課題にも気づけますね。
落ち込みますが…

来週も行う予定です。
ふるってご参加ください。


by JASS
[PR]

by tomidaikouko | 2010-05-28 21:52 | 勉強会 | Comments(2)

総会へ行ってきました。

こんにちは!UMAです

日本考古学総会へ行ってまいりました
メンバーはJASSさん、NEEさん、KOKOROさん、KWIさん、セツコ、私です。
今年は高速バスで東京まで・・・
夜行バスです。皆さん良く眠れましたか?

今年の総会の会場は国士舘大学です。
c0152274_1611572.jpg


c0152274_16121555.jpg


どどーん!!
閑静な住宅街にそびえたつ大学・・・
木がたくさん植えてあって、大きくて、広くて、綺麗なところでした
なんと学内にエスカレーターが!!
都会の大学はすごいのですね・・・

久米島・伊敷索(ちなは)グスクの講演は、グスクとは何か、測量調査から分かったこと、縄張りや石積みからわかるそれぞれの郭の役割など・・・もりだくさんな内容でした
講演を聞く前は、グスクはお城の仲間かあー・・・と思っていたのですが違うんですね
聖なる場所なんですね
初めて知りました

大衆文化と考古学では、映画やドラマ、漫画、アニメなどで考古学者がどのように描かれているかそれによって一般大衆にどのようなイメージが植え付けられるか、という講演でした
思ったより考古学者が出てくる映画などが多かったです
しかも時代によって考古学者のイメージも変わってるんですね
それには実際にあった考古学界の事件も関係しているようで・・・
なるほど!という感じでした
ちなみにトトロやCCさくらとかの「優しいお父さん」な考古学者は日本独特のものらしいですよ!

初めての総会でドキドキでしたが、ためになる講演を色々聴けてよかったです
城郭の本も買えましたしね001.gif

来年は国学院大学だそうです
さー、来年は誰と行くことになるのでしょう?


by UMA(記事あげるの遅くてすみません 21010.6.4)
[PR]

by tomidaikouko | 2010-05-23 16:10 | 考古学雑記 | Comments(0)

第5回勉強会

毎週金曜日は勉強会の日ですよぉー
お久しぶりですUMAです

今週はMOSAさんの前々々々夜祭発表会です

c0152274_16461279.jpg


今回の発表はバスケット型土器についての論文の書評です
 
縄文土器のテンプレのような感じで様々な資料集で見るやつですね
でもバスケット型土器と呼べるのは一つだけなんですね・・・
もっとたくさん同じような物があると思ってました・・・
MOSAさんの卒論テーマにも深く関わっている土器みたいです
どきどき。

勉強会の後はani-さんも合流して半兵衛へ!
そう、先ほどの前々々々夜祭とは!
お二人のお誕生日が5月25日なので前祝い!なのです!

c0152274_1658346.jpg


JASSさんからお二人へのプレゼント
MOSAさんにはカクテルが作れるグラス(なんと目盛り付!)
ani-さんには可愛いモップ(これで部屋を綺麗にしてね、だそうです)

美味しい料理をたくさん食べて!お酒も飲んで!
途中トラブルもありましたが・・・
楽しい夜に・・なりましたか?

なにはともあれ、お二方!
お誕生日おめでとうございます!


by UMA
[PR]

by tomidaikouko | 2010-05-21 16:38 | 勉強会 | Comments(0)

第4回勉強会!!

今日は第4回目の勉強会でした!
発表者はBORUOと敏生です

c0152274_201927100.jpg


2年生も参加してくれました006.gif

c0152274_2020899.jpg



研究室旅行まで残り1ヶ月半となりましたが、2・3年の進み具合は…?008.gif
楽しい球技大会のためにも、頑張りましょう!!


2人ともお疲れ様でした!



by セツコ
[PR]

by tomidaikouko | 2010-05-14 20:22 | 勉強会 | Comments(0)

日本古代のトイレ事情

今日は先生による講演会。この講演会は、環日本海トイレフォーラム10周年記念講演会。

環日本海トイレフォーラムは平成11年に設立されてから、富山県内のトイレ環境を改善する活動を続けてこられたそう。
携帯電話からもみられる「富山県トイレマップ」からは富山県内の公共トイレの場所や設備内容が見られて、お出かけのときに役立ちそうです。

講演内容は
水洗トイレは古代にもあった -トイレのウンチ考古学-
c0152274_221727.jpg

トイレ遺構は、トイレを発見しようと思わなければ、見過ごしてしまいがち。だから、トイレを発見しよう、という積極性が大切なのだとか。トイレ遺構の定義を設定したのも、先生!
トイレ遺構の堆積土からは、当時の人の食生活など様々なことが読み解けるそうです。
先生は、古代のすごいトイレとして、福岡県の鴻臚館、秋田県の秋田城のトイレを挙げていました。
いずれも外国使節が利用するトイレ。
「トイレを見ればその国がわかる」といわれるように、外国使節の使用を意識した特別仕様のトイレのようです。
今も昔も、外交は国が国として生き残るための重要な手段。古代の人々も使節の人が快適に過ごせるよう、心を砕いていたのですね。


トイレには-のイメージがついてしまいがちですが、私たちにとっても無くてはならない卑近なものだからこそ、当時の人々の食生活や心配りなどを細やかに浮かび上がらせてくれるのかもしれないと思いました。

古代のトイレについてもっと知りたい方は、先生の著書、『水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門』を御覧ください。

by JASS
[PR]

by tomidaikouko | 2010-05-13 22:16 | 考古学雑記 | Comments(0)

明日ですが…

明日にせまってしまいましたが、先生が講演をします!!

環日本海トイレフォーラム10周年記念講演会
水洗トイレは古代にもあった -トイレのウンチ考古学-
c0152274_20214471.jpg

日時 平成22年5月13日 午後6時~8時
会場 富山市民プラザ マルチスタジオ
講師 黒崎 直先生

お知らせが遅くなってしまいましたが、参加無料です!

by JASS
[PR]

by tomidaikouko | 2010-05-12 18:24 | 考古学雑記 | Comments(2)

2010年度 第3回勉強会

実は細々と行われていた勉強会。
今日の発表者はUMA。発表内容は「城館」です。

今日の司会はセツコ。先週は誕生日勉強会ということで、発表者でしたが、今日は司会者。
c0152274_213431.jpg


城館の変遷を時代ごとに捉えた後は、立地条件によっての分類。さらに機能による分類。
城館と一言にいっても、捉える視点よって、いろいろな分類が出来るのですね。
さらに、城の防御施設について。堀や虎口の図はUMAの試行錯誤の跡が見える、分かりやすい図になっていました。
最後は今年の研究室旅行で訪れるであろう、会津若松城について。研究室旅行が楽しみですね。

NEEさんの質問にホワイトボードを駆使して説明です。
c0152274_21341347.jpg

山城の定義について議論がヒートアップ!
山城の定義として、UMAは「比高差が80m~100m以上であること」を挙げていました。
でも比高差ってどこと城のある点を比べて?
山城の立地する山のふもとの平坦面から?だとしたら平坦面の定義って?平坦面自体に標高差がある場合は??
城の立地する地点って、城の一番低い点?高い点??
この質問に対する答えは来週までの宿題となりました。
c0152274_21342256.jpg


今回の発表にTGMさんは「愛が無い!」と厳しいお言葉。
発表者になった以上、資料もパンフに載せるそのままではなく、聞く人に伝える、ということを意識しなくてはならない、ということですね。
私も耳が痛い思いです。

昨年ほど人が集まらない細々とした勉強会ですが、これからも細々と続けていきたいと思います。
2年生も気が向いたら参加してください。先輩がどんなことに取り組んでいるのか知ることは、遺跡紹介をするうえでも勉強になると思いますよ。


by JASS
[PR]

by tomidaikouko | 2010-05-07 21:31 | 勉強会 | Comments(0)

*注 食用ではありません

ああ、なんて美味しそうなマンゴーのサワークリームケーキと苺のショートケーキ!!
c0152274_0285568.jpg

ケーキにかけられたマンゴーソースはきっと、まったりと甘酸っぱい南国の味!
真夏日の今日はアイスクリームも魅力的!!





と、思わず手が出てしまいそうになりますが、この美味しそうなケーキたち、実は食べられません。
フェルトで作られたフェイクスイーツなんです。
大きい方は小物入れ、小さい方はマグネットになっていて、可愛いだけでなく機能性も備えた優れもの。

制作者はMOSA。勉強の息抜きに新たな作品の製作に取り組んでいます。
c0152274_029196.jpg


毎月2つ新しい作品がMOSAの机に増えていきます。
来月の作品も楽しみです。


by JASS
[PR]

by tomidaikouko | 2010-05-05 00:28 | 研究室の日々 | Comments(0)