<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

発掘の勉強会

こんにちは。本日お昼休みの時間に発掘の勉強会がありました。

今年も杉谷4号墳を調査します。それにあたって、4号墳はどのような墳丘墓なのか、そもそも杉谷古墳群とはどのようなものなのかを3年生が発表しました。それと、調査にあたっての注意事項もちょろっと・・・。
c0152274_13405669.jpg

発掘は8月3日からです。皆さん熱中症やケガには注意して、楽しく発掘しましょう。
また、今回の勉強会で1年生が5人程来てくれました!1年生も発掘の参加大歓迎ですので、良ければ来てくれると大喜びです(私が)。

byKTOK
[PR]

by tomidaikouko | 2015-07-28 13:26 | 研究室の日々 | Comments(0)

断面図

こんにちは!本日も良いお天気です。暑すぎるくらいに暑いです058.gif

しかし、そんな実習日和の中今日は屋内で断面図を書きます。
3人と2人の組に分かれて書いていました。今年も個人で書いていますが、知ってますか2年生、発掘では2人で書けるんですよ。相談しながらできるんですよ!(といっても先輩に言われた点を打ってつなげるだけですが)
ということで、断面図は発掘後半でかなり書きますので、2年の皆さんこの機会にしっかりと書き方をマスターしてきてください!期待しています006.gif
c0152274_17284963.jpg
c0152274_17285931.jpg


byKTOK
[PR]

by tomidaikouko | 2015-07-27 17:30 | 研究室の日々 | Comments(0)

研究室旅行~福井県にて~3日目

旅行最終日です。
泊まった宿に温泉があったので、せんちゃんと一緒に早起きをして入浴してきました。やっぱり温泉・・・というより広いお風呂っていいですね~。誰か銭湯とかでもいいので一緒に行きません?広いお風呂でくつろぎたい・・・。

お風呂からあがって、朝ご飯です。朝ご飯もまた豪華で、朝からテンション上がりました。
c0152274_1142384.jpg

ただ、朝から揚げ物はちょっとキツイ・・・。それと、お昼はソースかつ丼を予定していましたので、似たようなものが出てきて、コース係二人共「あっ・・・汗」となりました。ま・・・まあ、作っている所も違いますから味も違うでしょう(汗)あと、おいしかったので良しとします。

宿を出て最初に向かったのは、足羽山古墳群です。これ「あすわやま」って読むらしいです。皆「あしわやま」って読むのでTKHS先生に注意を受けるという悲劇・・・(笑)←言うほど受けていませんが

足羽山古墳群の中の山頂古墳へ行きました。「山頂」というくらいなので山道をバスが登ります。道がとても狭かったのですが、運転手さんがスイスイと運転していましたので学生一同感動しました。これがプロというやつか・・・!!

山頂古墳では継体天皇像が私たちを出迎えてくれました。
c0152274_1155412.jpg

光でなんかかっこよく撮れた写真。
また、ここには予定よりも早く到着してしまったため次の福井県立歴史博物館まで時間を持て余してしまいそうでした。そこでTKHS先生の提案で、福井市立郷土歴史博物館へ行くこととしました。
c0152274_117226.jpg

とりあえず入口でおもしろいポーズをしている二人をパシャリ。
福井市立郷土歴史博物館では縄文時代から現代までの福井市の歴史を資料を中心に見ていくことができます。また、福井市内の古墳から出土した実物資料なども見ることができました。

ここも若干駆け足で見て、次は福井県立歴史博物館です。ここでは博物館の舞台裏は見れませんでしたが、その舞台裏を一般に公開しているオープン収蔵庫なるものの案内を学芸員さんにしていただきました。
考古学研究室には学芸員の資格を取ろうとしている人も多いので、この博物館での見学はとても有意義なものだったのではないかと思います。
他にも、福井県の歴史を旧石器時代から現代まで見ることができました。特に昭和のくらしの展示コーナーでは写真を撮れるということもあって、皆大はしゃぎ。各々好きなように見ていきました。
c0152274_1115752.jpg

c0152274_11152711.jpg

c0152274_11154194.jpg

↑肘は付けてないですよー

県博を出れば、そろそろお腹も空いてくる頃合です。この日のお昼ご飯は福井名物ソースかつ丼!!ソースかつ丼発祥のお店(の分店)へと行きました。
c0152274_1193982.jpg

c0152274_1195189.jpg

かつ3つも入っています。しかもかつ丼を注文するとメンチカツもついてくるらしく、かなりボリューミー・・・。最後の方はつらいつらいと言いながら食べました。
でも味はとてもおいしかったです。また食べに行きたいくらい!

昼食の後は丸岡城の予定だったのですが、帰りのインターを考えるとその後の白山平泉寺と逆にした方が早く帰れるらしく、急遽予定を変更して先に平泉寺へと向かいます。

では、またまた中近世のしんどぅお願いします!

 は~い!再登場のしんどぅです!お昼を食べ終わって私たちが向かったのは「白山平泉寺」。このお寺は中世に建てられた大寺院であり、一向一揆衆によって焼打ちに遭うまで、白山信仰の拠点として栄えていたお寺です。皆さんご存知の東尋坊という地名も、平泉寺にて怪力に物言わせ数々の悪行を重ねたお坊さん「東尋坊」を突き落したことが由来なんだとか……

 さて、平泉寺の基本的な説明はこれくらいにして、まずはじめに一行が向かったのは、 「白山平泉寺歴史探遊館 まほろば」というガイダンス施設。ここで、映像を見たり、学芸員さんから出土遺物についてのお話などを聞きました。遺物には生活に欠かせないものから、僧侶が武力をもっていたことを示す武具などの品々、中には当時では貴重な、陶磁器の観音像も……。報告書では何度かお目にかかった遺物も、やはり実物を見ると小さな違いに気づけたりして楽しいですね!

 ガイダンス施設を後にした私たちは、実際の平泉寺に向かいます。一向一揆衆に焼打ちされた平泉寺は、後世に再建され今も「平泉寺神社」としてその姿を残しています。しかし、当時のお寺の様子を知る手掛かりは、発掘調査で分かった石敷道等のほんの少しの遺構であり、まだまだ発掘調査は続いているようです。

 日差しが照りつけ暑い中、歩いていくと……
c0152274_9371145.jpg

 神社の境内近くにて大石垣を発見! どうやって運んだんでしょうか……?

 そして更に一行は先に進みます。
c0152274_939434.jpg

 しばらくすると……
c0152274_9421975.jpg

 発掘された石敷道にたどり着きました!そして更に奥には復元された門も……
c0152274_9454691.jpg


 当時の人々が通った道を、同じように通る……う~ん、なんだかそう考えると浪漫を感じますね!


  三日目は中近世ラッシュ! 最後に訪れたのは、現存最古の天守がある「丸岡城」です!
  受付を終えてお城に向かう途中、私たちの目の前に石棺が……!どうやら今日の朝訪れた山頂古墳と同年代の石棺のようです。
c0152274_952621.jpg

  中に松ぼっくりが入っているのが若干気になりましたが、とりあえず今回のメインである丸岡城の中へ向かいます。

c0152274_9583152.jpg

  丸岡城の外観……素晴らしいですねぇ。

  丸岡城は、一向一揆への備えとして、織田信長の命を受けた柴田勝家の甥、勝豊が築き、その後北庄城(後の福井城)の城主結城秀康の持城となりました。丸岡城の別名「霞ヶ城」という名は、一向一揆衆から城を守った霞に由来しているそうです。
  城の中はというと、当時の姿を残しているだけあって石落としや鉄砲穴など様々な設備がそのまま残っていました!しかし、当時のままの為、階段は梯子といっていいくらい急! スカートなんてはくべきじゃなかった……
c0152274_10101230.jpg

 お城を出たところで、ST君と福井震災前の笏谷石製の鯱のツーショット!決まってますね!

 その後は、資料館にて丸岡城に関連する史料や遺物を拝見、そして近くのお店にて各自お土産を買いました。羽二重餅、食べたことないのでとても楽しみです!

 またまた長くなってしまいましたが、ここでまたKTOKちゃんにバトン戻しますね!

ありがとうございます。
丸岡城を出ればあとは帰るだけ。福井県とおさらばです。
今回は中近世と博物館が多い旅行でしたね。(あと1日目の古墳もかな)しかし、それぞれの時代の行きたい所が概ね行けたので満足な旅だったのではないでしょうか。
また、今回で2年生の新しい一面を発見できたこともあり、発掘前に仲を深めることもできたんじゃないでしょうか!

個人的には恐竜博物館も行きたかったのですが、時間の関係上と考古学に関係ないということでいきませんでした。
恐竜博物館へ行きたい人は、個人で行ってください。その際KTOKも連れて行ってくれると喜びます。

皆様3日間の旅行お疲れ様でした。発掘までしっかりと体を休めてください003.gif

byKTOK
[PR]

by tomidaikouko | 2015-07-20 09:10 | 研究室の日々 | Comments(0)

研究室旅行~福井県にて~2日目

旅行2日目の様子をお伝えします。

まず最初に向かったのは、若狭三方縄文博物館です。ここでは、有名な鳥浜貝塚をはじめとする縄文時代の遺跡についての展示がありました。
c0152274_14385994.jpg

鳥浜貝塚やユリ遺跡などで出土した丸木船があり、その出土状況が再現されておりちょっとテンションあがりました。また、漆についてや植物栽培についてなど鳥浜貝塚はそのような点においても珍しい遺跡でしたので今回この博物館を訪れることができて旧石器・縄文時代担当としてはとても満足です003.gif
また、旧石器・縄文時代担当だけでなく全員が楽しんでくれていたようで、この若狭三方縄文博物館は福井県の(私的)おすすめ博物館として押しておきますね!

博物館の後は、鳥浜貝塚へ行きます。
鳥浜貝塚は低湿地遺跡であり、通常残らないような木製品や動・植物遺存体が多く見つかったことで有名だと思います。
c0152274_14453341.jpg

まず縄文人が出迎えてくれました。
c0152274_1446314.jpg


鳥浜貝塚の後は、待ちに待った昼食です。昼食はその後に訪れる陶芸館の村の中にあるおそば屋さんへ行きました。
c0152274_14465825.jpg

そば湯も出て、食後の一杯を・・・。そば湯ってあまり飲んだことがなかったのですが、なんというか独特ですね。確かにこれは好き嫌いが分かれるのもわかるかも・・・008.gif

ただ、お昼ごはんに時間を使いすぎてしまったらしく、その後の陶芸館での時間があまりとれませんでした。これはコース係のミスです。ごめんなさいm(--)m
なので陶芸館は駆け足で見学していきます。ここでは越前焼と窯跡を見てきました。
c0152274_14473050.jpg

c0152274_14474626.jpg

c0152274_14495969.jpg

また、駆け足ながらも介護体験をしてみたり・・・。ちょっと何かがおかしいと感じながらも、まあ、皆が楽しければそれでいいか。と流します。

続いては王山古墳群です。では、ここで弥生時代担当のまっきーにバトンタッチしようと思います。


はい、まっきーです。高校の時に個人的にブログやってたからブログかくのは久々ですねー

さて、王山古墳群ですが、研究室旅行で弥生の遺跡に行くのは何年ぶりでしょう?とりあえず今年は行けて良かったです。(古墳群って書いてあるけどそこは気にしたら負け)

昭和42年に国史跡に指定された総数49基からなる古墳群で、弥生時代中期末から墳丘墓の造営が始まったとされたいます。最初に作られた40号墳は丘陵の一番高いところに作られ、一番大きいことから盟主的人物が埋葬されていると考えられています。

ちなみに墓の形態は方形周溝墓ですが、結局台状墓との違いは分からないまま。だって読んだ本には大きな違いはないって書いてあったもん。
c0152274_15223130.jpg


王山古墳群は墓の復元や遊歩道の整備もされていたのでこんな遊び方?もできちゃいますね。
c0152274_15175464.jpg

c0152274_15192892.jpg

c0152274_15203497.jpg

楽しんでもらえたようで僕も嬉しいです。(゜-゜)

こんな感じでいいかな?いいよね?ではこのあたりでKTOKさんにバトンタッチしまーす。

はーい。まっきーありがとう!そんな感じでおっけーです(^^)
王山古墳群の後は一乗谷です。ということで、帰ってきたバトンをすぐにしんどぅに回します。
しんどぅよろしく!


 は~い! というわけでバトンタッチしましたしんどぅです! 今回中近世の遺跡ということで私が説明させてもらいます!
 王山古墳群からバスに揺られること約30分。私たちは一乗谷に到着しました。まず降り立ったのは『一乗谷朝倉氏遺跡資料館』、ここで一乗谷について学芸員さんからお話をお聞きしました。

 歴史の教科書でも、「朝倉孝景条々」という分国法でお馴染みの朝倉氏。彼らの城下町であったこの「一乗谷」は、朝倉氏滅亡後に城下町としての機能を失ったために、運よく当時の状況を残したまま土の中で眠っていた遺跡です。
 資料館では、遺跡から出土した遺物とともに、朝倉氏や一乗谷に関する様々な史料が展示されていました。撮影は禁止だったので写真はありませんが、中には、にろ君の遺跡紹介に載っていた金属製の簪等の遺物も……!やはり実物を見れるとうれしいですね!

 もう少しじっくりと遺物を見ていたい気持ちはありましたが、時間の関係上ここで次の目的地に移ります。
 今回の一乗谷朝倉氏遺跡のメインともいえる「復元町並」そして「朝倉館跡」。復元町並は当時の城下町の状況を建物等で復元した野外施設です。ここで一枚、みんなで集合写真をパシャリ!
c0152274_15584268.jpg


 そしてここで、にろ君の一乗谷遺跡紹介です。不甲斐ない先輩←のミスにより、まさかの備考の三分の二ほどがない状況での発表でしたが、上手くまとめてくれました!本当に感謝です。
c0152274_1665523.jpg


  この復元町並みには、普通の住居跡の他にも、城下町ならではの、職人の住居もちらほら……そして井戸もちらほら……って多くない? 遺跡にある井戸跡の多さに、一同かなり驚きを隠せませんでした。
c0152274_16131946.jpg


 そして朝倉氏館に行く途中、「コイのエサ」なるものが……遺跡手前にて、コイ、というよりも、ひょっこりと顔を出したちっちゃな亀に釘付けの学生一同+TGYM先生……
c0152274_16183559.jpg

 ……気を取り直して朝倉氏館跡にレッツゴー!中に入ると、あまりの広さに圧倒されます。そして階段を上がると、館を一望できるスポットを発見!
c0152274_16232830.jpg

 う~ん、やっぱり広いですねぇ……おや?
c0152274_16251653.jpg


 GMUちゃんとせんちゃん、そしてTKHS先生を発見!どうやらこちらに気づいてないみたいですねぇ……

 その後私たちは展望台の奥へ進み、森の中へ……、いくつかの遺跡を見たのち降りればいつの間にか集合時間になっていました……。一乗谷、またもういちど行ってみたいですね!

 長々と語ってしまいました……そろそろKTOKちゃんにバトンタッチしますね!

しんどぅありがとうございます。私よりも上手くまとめよって・・・。

一乗谷を見終わったら後は宿に行くだけ。と、その宿なのですが・・・実はもともと予定していた所と違うんです。
6月のあたまにまっきーが予約してくれていた宿が、まさかの自己破産・・・!!
しかもそれに気づいたのが7月のあたま。かなり直前です。一同笑うしかありませんでした。
c0152274_1715651.jpg

その中で絶望するまっきー。
しかし、発覚した次の日には新しい宿を見つけてくれました。さすがまっきー仕事が早い!038.gif
そんなこんなで急遽決まった宿はとても良いところでした。ご飯はおいしく、温泉も気持ちよかったです。
まっきーありがとう。そしてお疲れ様です。
c0152274_1764594.jpg

c0152274_17734.jpg

夕飯に出てきたアユの塩焼き(おそらく)を豪快に食べるSMZくん。意外な一面を見ることができました。

2日目の飲み会では、1日目でもやったうっぴー(B級のジェンガ)にTGYM先生も参加。前日うっぴーの研究(笑)を行っていましたので誘ってみました。
白熱した戦いだったようで3、4戦行っていました。ちなみに私は1日目でもうこりごり・・・。参加しませんでした←
c0152274_17143115.jpg

c0152274_17144512.jpg

飲み会も終了し、最終日に備えます。まだこのブログに付き合っていただける方は、次の3日目へGO!

byKTOK
[PR]

by tomidaikouko | 2015-07-19 13:37 | 研究室の日々 | Comments(0)

研究室旅行~福井県にて~1日目

今年の研究室旅行では、7月18日から20日にかけて
福井県へ行ってきました。
その模様をお伝えします。

1日目はTDが担当します。

6時15分に研究室に集合し、バスは6時半すぎに大学を出発しました。

バス内では、パンフレット作りで蓄積された睡眠不足から眠ってしまう人、
朝食をとったり、パンフを読み進めたりする人もいました。

福井県に着いて最初に訪れたのは県立若狭歴史博物館です。
早速おみやげを買う人がちらほら。
平成に入ってから福井県に漂着したという迦楼羅像に、
個人的にはいちばん心惹かれました。

つづいて、若狭国分寺跡に向かいます。

せんちゃんが発表します。
c0152274_19334927.jpg

塔跡から、中門跡、金堂跡(現国分寺の御堂と同じ場所)へと実際に移動して、
伽藍配置を見てまわることができました。
塔心礎にカエルが乗っていたので、撮影会が始まります。

道の駅若狭おばまへ移動して、昼食をとりました。
c0152274_1936398.jpg

鯖カレーおいしかったらしいです。

午後からは、日笠古墳群に属する3基の古墳と、十善の森古墳、上ノ塚古墳を訪れます。
古墳時代のSMZ君が5回も発表し、大活躍でした。
「登ってみてはじめて古墳の大きさが十分にわかる」ということで、
TGYM先生とTKHS先生の先導の下、いくつかの古墳に登りました。

c0152274_19401638.jpg

白鬚神社古墳にて、謎のブツを表採する2年男性陣。

c0152274_2082017.jpg

下船塚古墳は、後円部がくぼんでいますが、
盗掘されたのか?それとも棺が腐って崩れ落ちた跡なのか?
など、会話が弾みました。

交通マナーを気にしつつ、上船塚古墳へ向かいます。
c0152274_1942418.jpg

c0152274_1953127.jpg


日笠古墳群に別れを告げ、
またしばらく移動していたら、バスの窓越しに不意に十善の森古墳が現れました。
c0152274_19574921.jpg


上ノ塚古墳に向かう前に、若狭町歴史文化館を訪れます。
1時間半かけてじっくり見学しました。
ちょうど見てきたばかりの十善の森古墳や白鬚古墳の
出土品が展示されていました。
埴輪、甲冑、装身具などについての解説をうけます。
c0152274_19433886.jpg


1日目最後の見学地は、上ノ塚古墳です。
日が傾いてきて、西日があつかったです。
c0152274_19445661.jpg

ここではバターナイフを見かけました。

さて、おまちかね、宿に到着です。
食事や飲み会が待っています。が、早く寝て明日に備えましょうね!

byTD
[PR]

by tomidaikouko | 2015-07-18 18:55 | 研究室の日々 | Comments(0)

1年生のコース別オリエンテーション

こんにちは!
本日の4限目の時間に1年生のコース別オリエンテーションがありました。

今年も研究室前で土偶や埴輪たちがお出迎え。(この子達どんどん増えていくのですが、誰が増やしているんですかね・・・?4年生部屋の棚がかなりにぎやかです。)
c0152274_14184824.jpg


今年もまず3年生が考古学研究室ではどんなことを学んでいるのかという説明をしてから、2年生が質問や相談を受け付けるという形で進めていこうと思いました。なのに質問・相談時間で3年出しゃばりすぎぃ…008.gif
まあ、1年生も楽しそうにおしゃべりしていたので、結果オーライということで…。
c0152274_1420110.jpg


また、今回はいつも通り須恵器と夏の発掘調査で出土した杉谷4号墳の遺物を置いていました。これは例年通り、この研究室では普通のことだと思いますが、なぜか訪問してきた日本史のSZK先生と西洋史のIRE先生が二人とも「実物あるのは強いね~」と感想を残していかれました。他のコースはどのようなオリエンテーションを行っているのでしょうか?気になります。
c0152274_14203941.jpg

c0152274_1420523.jpg

今年は考古学コース志望の1年生が多いような気がしました。(少なくとも去年よりは人が来ましたよ!)その中でも古墳に興味があるという女の子がいて、ずっと古墳の魅力について語ってくれました。考古の学生もちょっと驚くほどです。他にも古代(奈良時代)がやりたいという子や弥生がやりたいという子様々でした。

今年も8月に発掘調査を行うので、考古学にちょっとでも興味のあるという子はぜひ参加してくれるとうれしいですね!

c0152274_1424302.jpg

遊びに来てくれた他コースの先生。写真のアップダメでしたら消します。
byKTOK
[PR]

by tomidaikouko | 2015-07-15 16:58 | 研究室の日々 | Comments(0)

平面図

こんにちは058.gif今日は晴れましたが、風が強くて、気温が高くて、湿度も高いというとても過ごしにくい天気です008.gif
そんな中、2年生は外で平面図をかいています。熱中症には気を付けてください(><;)

前回はそこらへんにあった石を使って平面図をかいていましたが、今回は土器を使ってかいていました!破片を使っている人もいれば、複雑な形の土器を使っている人もいました。去年は破片しか使わなかったので、蓋とかかいているのを見てちょっと驚きました。
c0152274_174252.jpg

c0152274_1744451.jpg

c0152274_174571.jpg

しかもよく見ると、土器の破片も置いてからの蓋とかですよ。まだ、図をかき始めて2回目なのにレベル高いなと感心(?)しています。

byKTOK
[PR]

by tomidaikouko | 2015-07-13 17:13 | 研究室の日々 | Comments(0)

平面図


こんにちは。


今日の実習では、水糸で作った区画の中に
石を3つ置いて、平面図を描いていました。

c0152274_15311488.jpg

2年生が区画の周辺に集まって作業をしている様子は、
どことなく微笑ましかったです。

c0152274_1531271.jpg

c0152274_1534597.jpg




さて、最後jになりましたが、
6月22日(先々週)の実習の
写真を載せようと思います。

6月22日の実習では、大まかな角度を測るために、
分度器をトランシットの補助的に使いました。

c0152274_1522267.jpg



byTD
[PR]

by tomidaikouko | 2015-07-06 15:37 | 研究室の日々 | Comments(0)