卒業旅行in九州!ふつかめ1/2

2日目も長崎を観光し、途中で佐賀入りしました。
まず訪れたのは「大浦天主堂」です。
ここは「信徒発見」が起きたことで有名です。
信徒発見って何??と思った方はぜひ大浦天主堂へ行ってみてください!
分かりやすく解説がなされています102.png
c0152274_22223607.gif
あいにく外観は改修工事中で見ることが叶いませんでしたが、中に入ることはできました。
写真は無いですが、高い天井やステンドグラスから射す色鮮やかな光が、赤い絨毯や茶色の長椅子に反射している様子が荘厳な雰囲気を醸しだしていました。
そして禁教だった時代に苦労して信仰を守った人々の記録を知ることができました。

そういえば、隠れキリシタンが禁教時代に隠れて拝んでいた像をマリア観音というのですが、
そのマリア観音が重要なカギとなる小説「遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架」を突然ですがおすすめします(笑)
長崎を舞台にしており、キリシタン遺跡に関わる謎が謎を呼ぶミステリー小説です。
私はイラストを描いている睦月ムンクさんのファンだったのでこのシリーズを読み始めたのですが、なかなか読み応えがあります。
考古学が好きな人、ミステリー小説が好きな人におすすめしたいですね113.png
あと桑原水菜先生なんですが、コバルト文庫出身なのでラブコメ好きにもおすすめできるのではないでしょうか…?
とりあえず読んで欲しいです!無量と萌絵がミゲルについて話すところまででいいから…!

これを読んでから長崎行くとより一層、長崎を楽しめると思います~。ぜひ!

次は近くに所在していたグラバー園へと行って来ました。
実はルートに組み込んでいませんでしたが、せっかくなので寄っていきました。
c0152274_22411612.gif
c0152274_22411923.gif
c0152274_22412196.gif

なんだこのアトラクション感は…
グラバー園なんですが、なんと山の斜面に建てられているので、とりあえず動く歩道で頂上まで登ってから下山するように建造物を見学していくそうです。
ハイテクですな。

グラバー園は、明治期の産業や園内にある建造物で暮らしていた人々の生活について知ることができる施設です。異国情緒あふれる建物に囲まれて何だか明治時代にタイムスリップしたかのような雰囲気でした。
c0152274_23012234.gif
c0152274_23012663.gif
c0152274_23012959.gif
c0152274_23013266.gif
c0152274_23013437.gif
シャッター押す手が止まらない。レトロかわいいとはこういうことを言うのか…。
グラバー園には神々しいにゃんこ様がいらっしゃいました。かわいい…。
c0152274_23060978.gif


にゃんこ様に後ろ髪引かれる思いをしながらも、次の訪問地へと向かいます。
長崎に来たら忘れてはいけない「原爆」について学ぶため、「長崎原爆資料館」へ訪れました。
c0152274_23141338.gif
この資料館では、原爆のしくみや原爆が落とされた経緯、被害状況などを映像と模型で展示していました。また、現代の核兵器についての展示もあって戦争について考えさせられました。
展示物には惨い・怖いと感じるものもありましたが、事実を忠実に伝えるような内容が多く、分かりやすかったです。
今の平和は多くの人々によって一生懸命築き上げられたものなんだなあとつい忘れてしまいそうになることを思い起こすことができました。
この旅行を機に行けて本当に良かったと思います。

資料館を観覧したら、ちょうどお昼になったので長崎名物「トルコライス」を食べに行きました。
行列が絶えないお店でした。結構待った気がします…。
c0152274_23422146.gif
これがトルコライスです。ボリュームがすごい146.png
何でトルコライスと呼ばれているのかは謎のままでしたが、豚カツもナポリタンもピラフ?もおいしかったです!
ただし、本当に量が多い…。
お腹いっぱいのはずなのになんと長崎にはご当地グルメ「食べるミルクセーキ」があると知り、追加注文をする仲間たち…。
c0152274_23510267.gif
まあ、甘いモノは別腹ですもんね111.pngすっきりした甘さで不思議な味がしました。

腹ごしらえを終えたらいよいよ佐賀へと乗り込みます!

Byせん

[PR]

by tomidaikouko | 2018-03-14 23:54 | Comments(0)