2018年 03月 17日 ( 2 )

卒業旅行in九州!みっかめ1/2

いよいよ旅行も折り返しとなりました。
3日目は、知らない人はいないほどの知名度を誇る「吉野ケ里遺跡」
知る人ぞ知る「東名遺跡」
幕末維新期を学べる「佐賀城本丸歴史館」
へと行って来ました。
東名遺跡は2016年に国史跡となっていたそうですが、私は知りませんでした…。

まずは吉野ケ里遺跡公園から。
ここからもっと盛り上がっていくぞ~!と思っていたら、当日は生憎の小雨176.png
試されている…。
c0152274_19453916.gif
吉野ケ里遺跡、大きいとは聞いていましたが…。
うーーーん、広い!端が見えない!!
ヤフードーム6個分あると解説されていました。
この例えにいまいちピンと来ませんでしたが、ヤフードームも吉野ケ里遺跡もビックサイズだということが分かりました。

こんな広範囲をどう巡ろうか~と考えていたら、入口スタッフの方に「北内郭目指してください」と教えていただきました。
心の中でドラ○エみたいだな…と思いながら出発です!

歩いていくと、環濠集落には欠かせない逆茂木や一般の人々が住んでいたとされる「南のムラ」がありました。
c0152274_20112239.gif
どんどん歩いていくと「南内郭」へ到着。
c0152274_20244077.gif
???「ようこそ南内郭へ!」

ここでは、村人っぽいボランティアさんにお出迎えされました102.png
物見やぐらが建っていたのでやぐらに登って南内郭を見渡します。
c0152274_20285046.gif
c0152274_20291327.gif
一緒に登った村人(ボランティア)さんから色々な話を聞くことができました。
吉野ケ里遺跡って前は大根畑だったそうです。はつみみ~!
いつも感じるのですが、観光地のボランティアさんって話が面白くて博識なんですよね。憧れます112.png

説明が終わると、
村人「ここ(南内郭)巡ったら、次は北内郭へ向かってくださいね」

やっぱりド○クエみたいだな…。
北内郭にはどんなイベントが待ち構えているのか…オラわくわくすっぞ~!

北内郭にカチコミに行く前に、南内郭の隣にある「倉と市」で ぶき と ぼうぐ を探しに行きました。
倉と市ゾーンは掘立柱建物や高床建物の内部が展示室になっており、中に入れるようになっていたおかげで目的の品を見つけることができました(笑)
c0152274_20555539.gif
ついでに仲間を増やそうと、太鼓が近くにあったので叩いてみました。
c0152274_21001470.gif
太鼓の音につられてやって来た
STU と にろ が なかまに なりたそうに こちらをみている▼

仕方ないな~仲間に入れるか~。…仕方なくだからね!

仲間が増えた一行は環濠の中をかいくぐったり、
c0152274_21202638.gif
休憩するために、道の途中にあった竪穴建物に入ると、自販機があって驚かされたり、

c0152274_21214076.gif
数々の試練(?)を切り抜けて北内郭へとたどり着きました。
c0152274_21285210.gif
c0152274_21290762.gif
うわ~~~~ひろーーーーい151.png
いくつか巨大な建物が建っていましたが、目についた一番大きな建物に入ります。
カチコミじゃ~~~!
c0152274_21320871.gif
と意気込んで入ったら…まつりごとが執り行われていました。
厳かな雰囲気を前にして、戦意喪失した一同はとりあえず挨拶しておこうと
代表してにろさんに頭を下げてもらいました(笑)
c0152274_21394713.gif
すみません、笑ってたら手ブレが激しい写真になりました。

挨拶を済ませて外へ出ると、ここでも村人っぽいボランティアさんと遭遇。
まつりごとのキーパーソンである巫女の住居をガイドしてもらいました。

巫女の住居はあちこちに工夫が凝らされていて、
話を聞いていると「なるほど~」と思わず唸りたくなりました。
また、話を最後まで聞いていたら、いつの間にか巫女に仕立て上げられていました。
仲間だと思っていた3人に裏切られ、悪ノリした結果、俗世にまみれた巫女が爆誕しましたとさ…。
北内郭…恐ろしい所だぜ…。

ボランティアさんのお話は現地で聞いたほうが楽しいと思うので
巫女の住居が気になる方、巫女になった気分を味わいたい方はぜひ、現地でお話を聞いてみてください102.png

北内郭の凄さや神聖さを感じ取れた一行は、「北墳丘墓へ向かいなさい」とのクエストを頂いたので、再出発しました。
北墳丘墓は、発掘された状態のままの遺構保存展示になっていました。
c0152274_22245423.gif
甕棺墓がいっぱいです!
ここでは、墳丘墓の築造方法や甕棺墓、遺構展示に使用された技術などについて解説されていました。
関係ないですが、この場所で個人的に気に入ったのは土色帖みたいなデザインの壁です113.png
c0152274_22270223.gif

Byせん


[PR]

by tomidaikouko | 2018-03-17 22:07 | 考古学雑記 | Comments(0)

卒業旅行in九州!ふつかめ2/2

佐賀では、やきもので有名な伊万里市の「大川内山」へと行ってきました。
秘窯の里と名付けられるのに相応しいくらい景色が秘境感たっぷりです。
c0152274_17145272.gif
c0152274_17145960.gif
忍者居そう(頭悪そうな感想)
c0152274_17150294.gif
欄干の上に壺を付けちゃうなんて…さすがやきものの里はやることが違うぜ!!
c0152274_17211883.gif
鍋島藩が献上品を焼かせていた復元登り窯を見たり
c0152274_17303496.gif
伝統産業会館でやきものの製作工程を学んだりしてきました。
c0152274_17340555.gif
この作品、すごくないですか…?全部やきもので出来ているそうです151.png

大川内山には窯元がたくさん集まっているので、景色を楽しむ他にもアトリエや工房にある作品を見て回って楽しむことができます。
作品を見ているうちに、だんだん欲しくなってきたので(笑) 集落を1周した後、がーもちゃんともう一度気になった工房へと出向きました。
集落内は急な坂道が多く、膝が悲鳴を上げたらしい男性陣2人は山の麓で休憩していました(笑)
c0152274_17481706.gif
素敵な作品がたくさんあって迷いましたが、気に入ったごはん茶碗を購入しました165.png
毎日の食事が楽しくなりそうです。

この日の行きたい場所はすべて回ったので、次は宿がある佐賀駅周辺で夕飯探しです。
土地勘がない場所を彷徨う4人…。ふと、にろさんがぽつり、
にろ「駅周辺の賑わい、富山と同じ規模じゃん…」
たしかに。

佐賀駅周辺は飲食店街というよりオフィス街でした…。
みんなで考え込むこと数分、すると高身長のSTUさんが「あっちに居酒屋ある」と言って歩き始めました。
私たちには何も見えないのですが…。
と、ついて行ったら、海鮮系を提供してくれそうな居酒屋が見えてきました!
手前にあるコインパーキングに隠れて見えなかっただけでした117.png
良く見えたね…。身長分けてほしい。

やっとのことで夕飯です。
c0152274_18011934.gif
夕飯では、佐賀の特産品であるイカを食してきました!
c0152274_18011077.gif
躍動感ある足と透明感あふれる刺身のお造りです。めっちゃおいしかったです!
でもヤツの本気はこんなもんじゃなかった。
c0152274_18011658.gif
さっきまで動いていた足を天ぷらにしてもらえたのですが、これがめっっっっっっっっっちゃおいしい。
イカの天ぷらってスーパーのお惣菜かオードブルに入っているものしか食べたこと無かったのですが、
佐賀で食べたイカの柔らかさは段違いでした。歯が疲れない。まさに低反発。
今まで食べていた高反発なイカフライは何だったのか…?
全人類は佐賀に来たら絶対イカを食べるべきだと思います115.png
c0152274_18011373.gif
佐賀銘酒の飲み比べもしてきました!辛口ベースがおいしかったそうです(がーも・STU談)。

Byせん

[PR]

by tomidaikouko | 2018-03-17 18:24 | 考古学雑記 | Comments(0)